FC2ブログ

『ありのままでいい』


白と黒の分量がほとんど同じシマウマは、「サバンナ・ジラフ」と言うそうです
あのシマは、本当は黒地に白いシマなのでしょうか、白地に黒いシマなのでしょうか
              
                   animal_shimauma.png

人と関わる時においても「あの人は本当はどういう人なのだろう」と思うことがあります

「あんなにはしゃいでいるけど、本当は孤独で寂しい人なのかもしれない」とか、
「あの人は真面目一筋に見えるけど、本当は案外ひょうきんな人なのかもしれない」と。

考えてみると、シマウマも人間も、「どっちが本当か」という問い自体が間違っているのかもしれません

「ありのままの姿を見せる」ということは、自分のいい部分も、嫌な部分も含めて「これが私なのだ」と自分を受け入れ、人にも心を開くことなのだと思います。

自分の「ありのまま」を受け入れるのと同じように、人の「ありのまま」を受け入れる心の広さも必要です

ある友人が言っていました。「私が小さかった頃、泣きながら帰ってきたら、おばあちゃんは、『かわいそうに』と抱きしめてくれた。お母さんなら『何で泣いているの?』と聴いただろう
泣いている自分をそのまま受け止めてくれたので、ほっと安心できた」と

人は「なぜそうなのか」という問いに、「それはこうだからだ」という答えを見つけると安心します
しかし、原因も理由もあるだろうけど、何も聴かずに黙って受け入れてあげることが、相手への思いやりになることもあります

自分の「ありのまま」を肯定し、相手の「ありのまま」も認めることのできる、器の大きい人になりたいものですね
プロフィール

聖徳園 芦原地区施設

Author:聖徳園 芦原地区施設
社会福祉法人聖徳園が芦原市で運営する保育・福祉施設の行事や日々の出来事をブログにてお知らせします!

採用情報

聖徳園採用サイト

2020年4月(新卒・既卒者可)
採用情報

マイナビ登録者は コチラから



カテゴリ
最新記事
月別記事一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲載画像に関して
写真の掲載にあたりまして万が一掲載に問題がありましたら上のフォーム、または直接電話でお申し出下さい。確認の上即刻削除いたします。
また、当ブログ内に掲載されている画像の転載はどのような場合においてもご遠慮下さいますようお願い致します。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード